ITエンジニアのスキルチェックをどのように行えばよいか?|初めてのITエンジニア採用

IoTやAI、SNSサービス市場の拡大に加えて、コロナ以降の業務のDX化と、ITエンジニアの需要はこれまでにも増して高まっています。一方、ITエンジニアの数は需要に追いついておらず、経済産業省が発表したIT人材白書2020によると、2030年には45万人のエンジニア人材が不足すると予想されています。
こと採用マーケットにおいては、これまでシステム開発をSIerやベンダーに依存してきた事業会社が、市場変化のスピードやDX化に対応するため、開発や開発マネジメントを内製化する動きが出ており、それに伴いITエンジニアの求人が活発です。

しかし、これまでに多くのITエンジニアを採用し、既に社内に多数のエンジニアが在籍するIT企業とは異なり、これからITエンジニアを採用していこうとする事業会社は母集団形成や候補者の見極めに苦戦するケースが多いです。

今回は、初めてのITエンジニア採用での、採用体制の作り方やスキルの見極め方について事例を交えながらご紹介します。

【ご相談事例】

(企業)
・売上規模200億円
・コンシューマー製品を作るハードウェアメーカー

(ご相談内容)
これまで外部ベンダーに依頼していた自社アプリの開発を今後内製化する予定です。そのため、実際にコードを書けるエンジニアを数名採用し、徐々に内製で開発する領域を増やしたい、そのために5名規模の開発チームを組成したいと考えています。
しかし、社内にいるITエンジニアは情報システムチームのセキュリティ担当のみで、開発経験があるエンジニアは居ません。
キャリア採用活動を行う上で、どのようにエンジニアのスキルの見極めを行えば良いでしょうか?

回答】

前提として、エンジニアスキルの見極めを行えるITエンジニアが自社に居ない状態で、急いで採用活動を行うことはおすすめできません。まず、下記いずれかのやり方を参考に、エンジニア採用の経験がある社外の人材を面接官として起用し、エンジニアの選考ができる体制を作りましょう。
その1:すでに取引がある開発ベンダーや協力会社に依頼する
その2:エンジニア採用の経験が豊富な副業人材を探す

※本ケースにおいては、開発を内製化する方針であったため、【その2】にて体制を整えました。

また、実際に手を動かして開発ができる方なのか?コーデイングスキルの見極めを行う代表的な方法としては下記が挙げられます。

コーデイングスキルの確認を行う方法

(1)面接前にWebでコーディングテストを行う
(2)応募時にGitHubの公開コードを共有してもらいレビューする
(3)面接の場で課題を出し、その場でコーディングテストを行う

最も一般的で、ITエンジニア採用に慣れていない企業にオススメなのは(1)のWebでのコーディングテストを面接前に受けていただき、面接内で作成したコードを見ながら思考プロセスやアウトプットの意図を確認する方法です。
実際にコードを書いてもらうことによって、職務経歴書だけでは判別しにくい技術力を測ることが可能ですし、都度問題を作成する採用企業側の工数も削減することができます。
外部の人材に選考を手伝ってもらう際に、稼働時間をあまりかけずに対応が可能であり協力を得やすいです。

(2)(3)については、評価するための工数が一定かかるためエンジニアが少ない企業では実施が難しいこと、採用企業側の見極め難易度が高いことなどの理由から、社内のエンジニアリソースが不足しており、ITエンジニア採用の経験が乏しいケースでは慎重に判断すべきでしょう。

参考)代表的なコーディングテストサービス 

■AtCoder
https://atcoder.jp/

■Track
https://tracks.run/products/test/detail/ 

■Paiza
https://paiza.jp/


いかがでしたでしょうか?今回はITエンジニアの採用体制の作り方や、コーティングスキルの一般的なチェック方法についてご紹介しました。

Paddleでは、上記に限らず様々な選考フローの設計が可能です。お困り事があれば下記よりお気軽にお問い合わせください。

  • Paddleでは企業のキャリア採用、個人の転職活動の支援を行っています。お気軽にご相談ください。
よかったらシェアしてね!
目次